バットマン フォーエヴァー(1995年)映画のレビュー感想

バットマン フォーエヴァーのストーリーとレビュー

”最強のパートナー、ロビン登場。”
”ジム・キャリーが強敵リドラー役に!”

 

 

-STORY-

 ゴッサム・シティに新たな強敵が出現した。

 

虚飾と邪悪、二つの顔を持つ”トゥーフェイス”。
そして、恐るべき洗脳マシンを発明した謎の怪人”リドラー”だ。

 

共通の敵=バットマンを永遠に葬るべく同盟を結んだ彼らは、
街を破壊しバットマンをおびき寄せる。窮地に陥るバットマン。

 

だがその時、最強のパートナー=ロビンが登場した!

 

バットマン&ロビンVSリドラー&トゥーフェイス。

 

正義と悪の最強タッグによる死闘が、いま始まる!!

 

 

バットマン フォーエヴァー★★★★☆


 監督を新たにジョエル・シュマッカーに変更され作成された今作。

 

前2作でバットマン役を演じたマイケル・キートンは
シリーズの路線変更を気に入らず、
新たにヴァル・キルマーがバットマン役に抜擢されたました。

 

という訳で前作との関連性はほとんどなく、雰囲気が変わってます。

 

またジム・キャリーが悪役リドラー役として出演していることで
ダークな雰囲気ではなくコメディ的な要素もあり
小さい子供にも楽しみやすい映画になってます。

 

トゥーフェイス役は日本でも缶コーヒーBOSSのCMでお馴染み、トミー・リー・ジョーンズ!

 

そしてついにバットマンのただ一人の相方ロビンが登場し楽しませてくれます!

 

明るい作品なのでファミリーで見てもいいかもしれませんね。

 

Amazonでの口コミ確認はこちら

バットマン フォーエヴァー [DVD]

スポンサーリンク