バットマン ビギンズ(2005年)映画のレビュー感想

バットマン ビギンズのストーリーとレビュー

”壮大なスケールで描かれた 衝撃の本格アクション超大作。”
若き鬼才クリストファー・ノーラン監督により、これまで語られることがなかったバットマン誕生の秘密がついに解き明かされる。

 

 

-STORY-

 目の前で両親を射殺された御曹司の
ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)は、
悪を倒し恐怖心に打ち勝つ術を見つけるため、世界中を放浪する。

 

その後、ゴッサム・シティーに戻った彼は、
忠実な執事アルフレッド(マイケル・ケイン)、
ゴッサム市警の刑事ジム・ゴードン(ゲイリー・オールドマン)、

 

バッドマンの武器開発をサポートする
ルーシャス・フォックス(モーガン・フリーマン)の協力を得て、
”もう一人の自分”を解き放つ。

 

それは、漆黒のスーツに身を包んだ”闇の騎士”バットマン。

 

彼は今、最高峰の格闘武術、知識、最新鋭の戦闘ツールを総動員して、
ゴッサム・シティーの壊滅を企む悪の集団に立ち向かうのだった。

 

シリーズの原点を衝撃のスケールで描いた本格アクション超大作。

 

 

バットマン ビギンズ★★★☆☆


 新たにリブート(再起動)され、よりリアルに描かれたバットマン。

 

クリストファー・ノーラン監督による新シリーズの始まりが今作です。

 

バットマン役はクリスチャン・ベールになりました。
今までのバットマン映画とはいい意味で全く違う映画です。

 

ブルース・ウェインの辛い過去、
なぜバットマンになったのか?
どうやってバットマンになったのか?
その目的は?

 

これが真のバットマン映画!
全てが明らかとなる絶対に外せない映画です!

 

ストーリーが進むのが遅く、
アクションシーンも少ないため出正直途中眠くなるかもしれませんが…

 

アメコミ映画史上最高傑作のダークナイトをより楽しむためにも見ておくべきでしょう!

 

 

Amazonでの口コミ確認はこちら

バットマン ビギンズ [DVD]

スポンサーリンク