スーパーマン リターンズ(2006年)映画のレビュー感想

スーパーマン リターンズのストーリーとレビュー

”あのヒーローが帰ってきた!新たな伝説が今、幕を開ける!”

 

 

-STORY-

 世界中に愛され続けている、伝説の男スーパーマンが帰ってきた!

 

謎の失踪後、
5年の歳月を経て地球に帰ってきたスーパーマンことクラーク・ケント。

 

しかし、スーパーマン不在の間、地球は大きく様変わりしてしまっていた。

 

かつての恋人ロイス・レインには息子とフィアンセがおり、
しかも「なぜ世界はスーパーマンを必要としないのか?」という
タイトルの本でビューリツァー賞を受賞していた。

 

衝撃を受けた彼は、心の葛藤と切ない愛に苦悩する。

 

さらに仇敵レックス・ルーサーの陰謀が進行し、
スーパーマンは最大の試練に直面するのだった。

 

 

-INTORODUCTION-

 監督にブライアン・シンガー(「X-MEN」「X-MEN2」)、
ロイス役にケイト・ボスワース、レックス役にケビン・スペイシーを配し、
鋼鉄の男が再びスクリーンに蘇る!

 

墜落する飛行機、地球規模の地震・・・
これまでの映画の定義を覆す、スーパーアクションの数々、
新たに進化を遂げたスーパーマンを人類は目撃する!

 

スポンサーリンク