ブレイド(1998年)映画のレビュー感想

ブレイドのストーリーとレビュー

名は、ブレイド。
格好いいだけじゃない。全米NO.1の凄い奴。

極限のハイスピードアクション!
このSUPER VFXについてこれるか?

 

 

-STORY-

 その肉体は不死身。その魂は人間。
防御コートを身にまとい不敵な笑みを浮かべる戦闘マシーン。

 

彼の名は、ブレイド。血を流すヴァンパイア。
彼の出生には暗い影がある。

 

 母親が、臨月のときに、ヴァンパイアに襲われ、
人間とヴァンパイアとの混血としてこの世に生を受けたのである。

 

彼は、自分の抱える忌まわしい宿命をぬぐうかのように、
今日も銃をぶっ放し、刀でぶった斬り、そして、己の肉体を武器にして、
人間に危害を加えるヴァンパイアを狩り歩く。

 

 

やがて、彼に運命の瞬間がやってくる。
彼の前に現れたのがフロスト。

 

全能の力を手に入れて世界を自分のものとしようとするために、
血の神<マルガ>の蘇生を目指しているヴァンパイア。

 

ブレイドは、そんなフロストの世界制覇の野望を打ち砕くために、刀をぬき、立ちはだかる。

 

それが彼の使命であるかのように。
血しぶきが飛び散る中での壮絶な戦いが、今、はじまる。

 

 

ブレイド★★★★☆


スタイリッシュでウェズリー・スナイプスがめちゃくちゃカッコいいです。
黒人ヒーローが主役のMARVEL映画はブレイドだけです!

 

1998年の映画ですが、映像やアクションに古さは感じないはずですので食わず嫌いせずに見る価値はあると思いますよ

 

Amazonでの口コミ確認はこちら

ブレイド [DVD]

スポンサーリンク