アメイジング・スパイダーマン2(2014年)映画のレビュー感想

アメイジング・スパイダーマン2のストーリーとレビュー

彼こそが’希望’

 

 

-STORY-

 スパイダーマンとしてニューヨークの平和を守り、
ひとりの男性として恋人グウェンとの愛を育む、
忙しくも充実した日々を送っていたピーター・パーカー。

 

しかし、
彼の旧友で巨大企業オズコープ社の御曹司である
ハリー・オズボーンが街に戻ってきたことから、
ピーターの生活は少しずつ狂い始める。

 

一方、オズコープ社に勤める冴えない電気技師マックスは、
感電事故に巻き込まれたことで、
突如電撃を発する超人・エレクトロに変貌してしまう…!

 

平凡な青年であることと、
スパイダーマンとしての大いなる責任の間で葛藤してきたピーターに、
更なる試練が襲い掛かる。

 

ヒーローアクション巨編のリブート版
『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ第2弾。

 

 

アメイジング・スパイダーマン2★★★★★+


 もう最高の一言です!

 

スパイダーマンがビルを駆け巡る様やバトルシーンは
2014年までの最新映像技術を全て注ぎ込んだと言っていいほどの
迫力と爽快感!今までの作品に比べて大きくレベルアップしています。

 

また、
今回のコスチュームはアメコミのスパイダーマンらしくてカッコいいです!

 

今作では3人の強敵(エレクトロ、グリーンゴブリン、ライノ)が出現と
予告されていますが実際はメインの強敵がエレクトロで、
プラス後半にグリーンゴブリンが登場します。

 

ライノは、3分くらいしか登場しませんので
実際ヴィランは2人ですが内容は十分すぎるボリューム感です。

 

 

スパイダーマンを異常なほど愛する研究者マックスが
事故により電気を操る超人エレクトロに変身してしまい
スパイダーマンを憎み敵になってしまうのですが
このエレクトロが異常なほど強くスパイダーマンはどうやって戦うのかが見物です!

 

ストーリーも抜群によい!(子供でも理解できるストーリー)
ピーターの両親の謎やグウェンと一緒にいる自分を許せないピーターなど
今作はスパイダーマン映画ならではの人間味溢れる内容です。

 

家族で見るのもいいですが、今作は特に恋人同士で見たいと思いました。

 

スパイダーマンのカッコよさ、誰もが応援したくなるようなヒーロー性を改めて
感じることのできる作品です!

 

ハリーやオズコープ社の特別プロジェクト室やライノの登場する
最後のシーンを見て次回作への期待が更に高まりました!

 

スパイダーマン最高!!

 

Amazonでの口コミ確認はこちら

アメイジング・スパイダーマン2TM [DVD]

もちろん3Dもあり!

スポンサーリンク