X-MEN:フューチャー&パスト(2014年)映画レビュー感想

X-MEN:フューチャー&パストのストーリーとレビュー

過去と未来のパラレルワールドで描く、
壮大なSFバトルアクション!

究極のヒーロー軍団 VS 最強のバイオ・ロボ

 

 

-STORY-

 2023年、バイオメカニカル・ロボット「センチネル」によって
地球は壊滅へと向かっていた。

 

プロフェッサーXは宿敵のマグニートーと手を組み、
1973年にウルヴァリンの「魂」を送り込み危機の根源を絶とうする。

 

50年前の自分の肉体に宿り
「センチネル・プログラム」の開発を阻止しようとするウルヴァリン。

 

しかしその間も、2023年では暴走するセンチネルの過酷な攻撃で、
地球滅亡へのカウントダウンが進んでいた。

 

2023年と1973年。
2つの時代が同時進行する激しいバトルは、
想像を絶する結末へと向かう――。

 

 

-INTORODUCTION-

 シリーズ史上最高の世界興収記録を樹立したSFバトルアクション!!

 

地球の存亡を賭け『アベンジャーズ』を超える最強のヒーロー軍団が始動!

 

〈未来〉と〈過去〉で同時に迫る危機。

 

X-MENは、バイオ・ロボ"センチネル"から地球を救うことができるのか!?

 

地球最期の頂上決戦が始まる……。

 

ヒュー・ジャックマン(『レ・ミゼラブル』)、
ジェニファー・ローレンス(『ハンガー・ゲーム』)をはじめ、
ジェームズ・マカヴォイ(『トランス』)、
マイケル・ファスベンダー(『プロメテウス』)、
ハル・ベリー(『クラウド アトラス』)、
エレン・ペイジ(『インセプション』)など超豪華キャストが集結!

 

監督は『X-MEN』シリーズを立ち上げたブライアン・シンガー。
そして、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の監督マシュー・ヴォーンもスタッフに参加。

 

X-MEN:フューチャー&パスト★★★★★+


 今作にて14年間のX-MENシリーズが一つに!
今までのX-MENシリーズを見ている人は間違いなく唸るほどに楽しめます!

 

物語がよく作りこまれています。
細かなところに過去の作品を思い出すつながりがあります。

 

ドラマとアクションのバランスも完璧!

 

2023年人間が作りだしたミュータントハンターロボット「センチネル」が
暴走し、破滅に向かう地球を救うためにウルヴァリンの精神を過去に送り歴史を変えようとします。

 

その過去とはファースト・ジェネレーション後の時代
プロフェッサーX=チャールズ・エグゼビアと
マグニートー=エリック・レーンシャーの関係も気になりますが
カギを握るのはミスティーク=レイヴン・ダークホルム。

 

また、関係ないですが
ミスティーク役のジェニファー・ローレンスが惚れ惚れする美人です!(笑)

 

この3人の関係性がX-MENシリーズを面白くさせています。

 

 

本作はシリアスなシーンが続きますが初登場のミュータント、
クイック・シルバーがいいキャラして息抜きになります。
次回アベンジャーズ2に登場予定!

 

映画の途中途中で過去と未来が切り替わりますが、
わかりやすいですし、地球を守れるのか?間に合うのか?と目を離せません!

 

そして映画を観終わった後には「おぉ〜」としみじみ感動しました

 

ただ、X-MENを見たことのない人がフューチャー&パストから
見てしまうと何が何だかわからないと思いますので気を付けてください。

 

ウルヴァリン2作は見なくともX-MENシリーズは見てから今作を見ていただきたいです!

 

でもやはり100%楽しむためには、
全作品を公開順に見たあとにフューチャー&パストを見てほしい
ですね!

 

Amazonでの口コミ確認はこちら

X-MEN:フューチャー&パスト [DVD]

スポンサーリンク